Lenovo Yoga Slim 750i Carbon レビュー①

レノボ アンバサダープログラムに当選して、しばらくLenovo Yoga Slim 750i Carbonを使うことになりました。

twitterではかんたんに書いてるけど、ブログでは少し長めに書いてみようかと思います。

第一回目はストレージの速度。普通に使う分には一番体験速度に関わってくるんじゃないかなと思っている部分。

カタログ上のスペックは
512GB SSD, M.2 PCIe-NVMe
となっています。

いろんな記号があってわかりにくいですが、
通信プロトコル:NVMe
拡張バススロット:PCIe
接続規格:M.2
記憶装置:SSD
容量:512GB
という意味です。
難しそうですが、とりあえず良いスペック、ということで間違いないです。

で、今回はCrystalDiskMarkでベンチマークしてみました。
結果はこれ。

結果に驚きました。10万前半で買える機種なのになかなか早いです。web制作とか画像処理や動画処理に使っているのですが、自分レベルだと全くストレスないです。

ちなみに2017年に買った30万オーバーのVaio Pro PFの結果はこちら。

ランダムアクセスはvaioの法が良いけど、全体的にはLenovo Yoga Slim 750i Carbonのほうが良さげな結果です。

参考までに2015年に買ったvaio pro13 mk2はこうでした。
※購入してすぐの数字です

vaioProPFもvaioPro13mk2もバスはPCI Express だから、SSD自体の性能の違いなんだと思います。SSDの製品名あとから調べておきます。

ということで5年も経てば、ストレージはパフォーマンスはもちろん、コスパも大きく向上するんだとわかりました。

次はCPU性能測ってみようと思います。

#レノボアンバサダー #初めてのレノボYoga